海外の食べ物といえば、ジャンク的なもののイメージがありますが、それはもう昔の話のようです。例えばアメリカでは、日本人よりも健康志向の人の割合がかなり多くなっているといいます。オーガニックフードは当たり前にみんな使用しているのだとか。



スポンサードリンク


では、どんな健康志向の生活をしているのか?化学調味料に対する反応は?化学調味料無添加って英語で何て言うの?など、海外における化学調味料の位置づけなどをまとめていきたいと思います!

 

化学調味料無添加を英語で言うと?

化学調味料無添加を英語で言うと?

アメリカでは「化学調味料を使っていません」と書かれているレストランも珍しくないそうです。日本では食品パッケージなどに記載こそされているものの、レストランのメニューで謳われていることってそうそうないですよね。その辺りがやはり健康志向ということだけあって意識が違うのでしょうか?

一般的には、化学調味料のことをMSGと言い、従って「NO MSG」とレストランなどでは表記されています。MSGが何の略かというと、Mono Sodium Glutaminateの略でグルタミン酸ナトリウムのことを指します。それって味の素に含まれている「旨み調味料」のことですよね。アメリカで表記されるほど、「旨み調味料」は恐れられていると知って結構ショックを受けました。

日本やアジアの調味料には、まだまだグルタミン酸ナトリウムが含まれていることが多いようです。なので、アメリカで「NO MSG」に取り組んでいても、和食などが食べたくなったら大概に含まれてしまっているので、調味料を調達するのに困るなんてこともあるのだとか。

 

なぜそこまで化学調味料は海外で嫌われるの?

なぜそこまで化学調味料は海外で嫌われるの?

その背景は1960年代まで遡り、中華料理を食べたアメリカ人が食後に眠気、顔面の紅潮、掻痒感、頭痛、体の痺れなどの症状が現れたことから、料理に大量のMSG(グルタミン酸ナトリウム)を使う中華料理に気をつけろ、という共通認識が生まれたそうなのです。その後の調査で、MSGとの因果関係は認められなかったものの今でも根強く「NO MSG」の意識が根付いているのです。

因果関係が認められなかったとはいえ、実際にMSGを摂取して具合が悪くなってしまう海外の人は多いのだとか。その理由は、MSGに身体が慣れていないからだそうです。私たち日本人は、どこかしらでグルタミン酸ナトリウムを摂取する機会があり、身体に耐性がついているという可能性があるようなのです。



スポンサードリンク


その証拠に、暫くグルタミン酸ナトリウムの摂取を控えていた日本人が本場の中華料理を食べて、目眩や冷や汗などの症状に見舞われたということもあったそうで、グルタミン酸ナトリウムを摂取し続けていると耐性が付くという説も間違いではないのかもしれません。でも、食べ慣れていない人にアレルギー反応のような症状が出るって怖いですよね。

摂取する量の問題ももちろんあるとは思いますが、それを聞くとグルタミン酸ナトリウムを使うのに抵抗を感じてしまいます。

 

海外の健康志向を見てみよう!

海外の健康志向を見てみよう!

アメリカの人口の3割ほどが肥満と言われる体型をしています。その背景としては、貧困が関係しているそうです。低所得者は野菜を摂取する機会が殆どないなど偏った食生活の影響が肥満を招いてしまっています。そういった背景から、最近ではアメリカでも健康志向の人が増えてきているようです。ただ、アメリカは健康に対する意識の差が非常に大きく、また様々な健康食の取り入れ方があります。

グルテンフリーに取り組む人もいれば、宗教的な理由でなく菜食主義の人もいる。本当に多種多様となっています。また、テレビ局のNBC Universalが主催する「ヘルシー・ウィーク」というものがあり、期間中はテレビでも健康に関する話題が積極的に放送されたり、歩くことの大切さをアピールするキャンペーンも行われているようです。

テレビなどでも大々的に扱われることによって、健康への関心も上がっていくのですね。ですが、日本人との決定的な差はカロリー換算をするという概念がアメリカ人には殆どないのだそうです。日本人だと、ダイエットをしたり健康に気を配るときに、最初に意識するのがカロリー計算といっても過言ではないですものね。その差が肥満率の割合として現れているのだと思います。

 

まとめ

日本で使われている調味料に含まれていることの多いグルタミン酸ナトリウムは、海外ではアレルギーのような症状を引き起こす恐れがあることから、化学調味料無添加のことを英語で「NO MSG」(グルタミン酸ナトリウムを含まない)と表記されるほど警戒されているということが分かりました。

また、最近ではアメリカなどでも健康志向の人が増えてきていて、海外でも自分で選択して安全な食べ物を見極めていくという時代が来ていると言えます。健康に関する関心が高いほど、食生活などにも気を配っていけるので、どこの国の人であっても自分の身体のことをしっかり考えていかなくてはいけません。

 



スポンサードリンク