食事として、自分の身体の中に入れるものは、少しでも安全なものを摂取していきたいですよね。でも、食品添加物を一切排除するというのは現実的には、なかなか難しいものがあります。そうした場合は知識を持って、少しでも安全とされている食品添加物を選択していかなければいけません。



スポンサードリンク


食品添加物の危険性ってどんなものなのか、クエン酸のように食品由来のものは安全なのかについてまとめていきます!

 

食品添加物の危険性

食品添加物の危険性

食品添加物があるから、安く商品を買うことが出来たり長期保存することが出来たり、と私たちの食は便利になってはいるのですが、人工的に作られたものが、身体にどのような影響を与えるのかということを考えると怖くなってしまいます。食品添加物の危険性でよく言われているのは、発がん性があるということです。

その他にもアトピー、催奇形性、内蔵疾患、不妊症など挙げていったらキリがないほど、身体への健康被害の可能性があると言われています。そんな恐ろしいものは口には出来ない!と思ってしまいますが、でもこれらの可能性はあくまで大量に摂取した場合の危険性となっています。食品添加物の安全性を示す基準量として、ADIという指標があります。

毎日食品添加物を摂り続けた場合に、身体に影響ないであろうとされる1日あたりの食品添加物の量を体重1キロあたりで換算したものがADIの値となっています。現在、日本で取り扱われている食品添加物は、こうしたADIという基準値の下で厳しく管理されているので、日本で安全だとされているものは、今の科学的根拠でいうと「安全」であるということになります。

どんな食品でも摂り過ぎは害となってしまうように、食品添加物であっても摂り過ぎなければ必ずも危険であるとは言えないのです。

 

クエン酸のように食品由来のものは安全?

クエン酸のように食品由来のものは安全?

ジュースを自宅で作るときに、クエン酸を使用することがありますが、とても手頃に入手出来る上に科学的に粉末に見えて、これを摂取しても本当に大丈夫なのか?と思ったことがありませんか?クエン酸はでんぷんなどを原料として発酵法によって作られていて、つまり食品由来ということになります。

元々、自然界に存在しているものなら大丈夫だと、安心してしまいますが、天然のものがイコール安全で、人工的なものがイコール危険というわけではないということを、日本食品添加物協会が提唱しています。日本食品添加物協会が、行ったアンケートによると、私たちの食品添加物の危険性の概念は偏ったイメージから出来ていて、ものすごく昔の食品添加物の状態の危険性を、そのままイメージとして受け継いでいるなど間違った知識を持っているということが分かったそうです。



スポンサードリンク


天然である食品添加物は、危険ではないとされているけれど、2004年にはハムなどの食肉加工品に着色料として使用されていた、天然着色料である「アカネ色素」に強い発がん性があることが分かり、厚生労働省が使用禁止を通告したということがありました。こうしたことから、天然の添加物であれば安全性が立証されているとはいえないことが分かります。

食品添加物は、1995年の食品衛生法を機に、人工的か天然かということにこだわるのではなくて、科学的根拠の有無の大切さを注視していくべきとされています。

 

食品添加物を極力摂らない為には?

食品添加物を極力摂らない為には?

これまで調べてきて、食品添加物は人工的なものであっても天然由来のものであっても、ADIなどの基準から安全とされているものは、日常生活で摂取する上では大丈夫だということが分かりました。とはいえ、アカネ色素のように後から危険だと分かるものもあるように、あくまで現代の科学的根拠で安全となっていて将来的にはそれが覆ることがあるかも?!なんですよね。

なので、意識して避けられるのであれば食品添加物を避けていくのがベストなのかな、と私は思っています。では、食品添加物を避けていくコツなどを挙げていきます。私たちが日常摂取しているお菓子なども、実は食品添加物がたくさん使用されています。恐ろしいのが、ミント系タブレットは食品添加物のみで作られているものもあるのです。

他にもスポーツドリンクや栄養ドリンクなども、ほぼ食品添加物だけで構成されているというものもあります。そういったことを知らずに、摂取してきたものがきっとたくさんあるので、なんといっても意識して成分表をチェックする癖をつけた方がいいです。

成分表をチェックして、少しでも使用されている食品添加物が少ないものを日常的に選択していくだけで、摂取する食品添加物の量は意識するかしないかだけでぐんと減るはずです。少しでも身体に優しい食生活を送っていくためには、そうした習慣が大事なのではないでしょうか。

 

まとめ

食品添加物は危険なもの!という強烈なイメージがありましたが、摂り過ぎなければ現代の科学的根拠では大丈夫なのだということが分かりました。またクエン酸のように、食品由来のものなら必ず大丈夫という基準なわけでもありませんでした。人工的なものであれ、食品由来のような天然のものであれ、科学的根拠で安全とされているかどうかが焦点となってきます。

食品添加物は危険という固定観念で、決めつけず正しい知識を持つことが必要だといえます。そうした上で、摂取しなくて済む食品添加物は減らしていくなど自分の価値観に合わせて自分で選択していくということが、これから必要となってくるのではないかと考えます。

 



スポンサードリンク