子育ての悩みっていくつになっても尽きないと思います。中学生になっても、友達関係のトラブルなど幼い頃とはまた違う複雑な問題が出てきて、親としてもどう向き合えばいいのか悩んでしまいますよね。



スポンサードリンク


そして中学生の子を持つ親の悩みは、何といっても勉強ではないでしょうか?受験を控えているのに全く勉強しない!そんな時、どうすればいいのかまとめていきます。

 

中学生が勉強しない!どうすればいい?

中学生が勉強しない!どうすればいい?

受験を控えているのに勉強をしない!そうなったらどうしたらいいものかと悩んでしまいますよね。でも、意外なことに1番いい方法は「勉強をしなさい」とは言わないことなのです。

何故「勉強をしなさい」と言わない方がいいのかというと、余計に勉強をする気が失せるという中学生の声が多いからなのです。確かに思春期真っ只中の子どもは、一筋縄ではきませんよね(笑)

でも、勉強をさせないわけにはいかない…。そんな時は、まずは子どもの目線に立ってみましょう。

「どこの高校に行きたいの?それにはどのくらいの偏差値が必要なのかな?」と一緒に悩み、一緒に解決方法を見つけていきましょう。上から「やりなさい!」と言われるよりは、ずっといい結果が待っているはずです。

 

勉強のやる気を出させる対処法は?

勉強のやる気を出させる対処法は?

中学生が勉強をしない理由は、単純に言えば「勉強をする理由が分からない」からです。将来の為なんて言われてもピンとこないのも無理ありません。目先の楽しい誘惑についつい駆られてしまいますよね。



スポンサードリンク


では、どうしたらいいかというと、勉強をする理由を作ってしまえばいいのです。一緒に将来の夢を考えて実現するまでの、サクセス法を表にしてみるのもいいかもしれません。

また、過度にご褒美を上げるのは考えものですが、目標の成績を達成したら家族旅行の行き先を決めることが出来る、など結果の先に楽しい目標があれば、頑張れるのではないでしょうか。そうやって勉強をする楽しさを覚えていってもらうのも、1つのアイディアです。

 

これだけはやってはいけないNGなカツの入れ方とは?

これだけはやってはいけないNGなカツの入れ方とは?

心配する余り、ついつい口うるさく言ってしまうものだと思います。ある程度はっぱをかけるのもアリだと思います。ただ、絶対にやってはいけないのは、子どもの人格を否定するようなことです。

大概の子どもは、子どもなりに自分の現状を分かっていて、大なり小なり悩みを抱えているはずです。そこに自分を否定されるような言葉を、信頼している親からかけられてしまうと、子どもは自信を無くしてしまいます。自己肯定完が低くなってしまうんですよね。

厳しい言葉をかけてしまっても、「あなたの味方だからね」「応援しているからね」という気持ちが伝わるよう心掛ければ、その気持ちはきっと届いて、子どもが自分で考えた答えを見せてくれるはずです!

 

まとめ

子どもの将来を思う余り、成績が伸びなかったり、勉強を全くしないとなると悩んでしまうと思います。それでも大切なことは、子どものことを信じてあげることです。

親はあくまで子どもをサポートする存在だと認識し、間違った道を歩まない限り子どもの意見を尊重しましょう。その方が、結果的に親子共に明るい結果に辿り着くはずです!



スポンサードリンク