授乳中は、赤ちゃんに血液を取られていくからかお腹が空いて堪らない!というお母さんが多いと思います。夜中の授乳などで、睡眠不足の身体は甘いものを求めて、普段以上にケーキやアイスなどを食べ過ぎてしまったという、経験もあるのではないでしょうか。母乳を通じて赤ちゃんに摂り過ぎてしまったカロリーが移行して、赤ちゃんが肥満になってしまうなんてことがあるのか調べてみました!



スポンサードリンク


 

授乳中の食事は赤ちゃんに影響するの?

授乳中の食事は赤ちゃんに影響するの?

母乳は血液から作られています。お母さんが、フライや生クリームなどの油っこいものをたくさん食べてしまうと、血液の中の油分も増えて母乳がドロドロになってしまうことがあります。
ですが、お母さんの食事内容によって赤ちゃんが肥満になってしまうということはありません。安心してください。

ただ、油分が多い母乳になってしまうと、赤ちゃんにとっておいしくない母乳となってしまうのです。赤ちゃんでも味覚はちゃんとあるので、おいしくない母乳だと赤ちゃんは飲み残すこともあり、おっぱいの中に古い母乳が溜まってしまいます。

古いおっぱいは、冷たくてよりおいしくなくなり、赤ちゃんの飲みが更に悪くなるという、負のループに陥ってしまうことも…。そうならない為に、お母さんの食事はあっさりとした和食中心にするといいでしょう。

白米は、日本人の体質に合っているし、魚や味噌汁も質のいい母乳を作る手助けとなります。低カロリーな和食は、おいしい母乳を作ってくれる上に、ドロドロせず詰まりにくい母乳にもなるのです。

 

母乳の飲み過ぎは赤ちゃんが肥満になる?

母乳の飲み過ぎは赤ちゃんが肥満になる?



スポンサードリンク


では、母乳の飲み過ぎで赤ちゃんは肥満になるのでしょうか?母乳の飲みのいい赤ちゃんが、どんどんぽっちゃりとしていくという話を私もよく聞きました。でもこれも心配しなくて大丈夫です。基本的に母乳の飲ませすぎというのはありません。欲しがるだけあげても大丈夫です。

ただ、離乳食が始まっても、母乳の占める割合が大きいと成長していく上で、必要な栄養が補えなくなってしまう恐れがあります。離乳食が始まったら先に離乳食をあげて、母乳は最後にあげるようにすると、先に食べものからの栄養を摂ることが出来ます。また、ミルクの場合は飲ませすぎてしまうと胃腸に負担がかかってしまうので規定量を守るようにしましょう。

 

離乳食が始まっても授乳が減らない時は?

離乳食が始まっても授乳が減らない時は?

離乳食が始まったらしっかり食べてもらいたい!と思いますよね。でも離乳食はなかなか食べてくれず、授乳間隔が全然減らないというのも珍しくありません。こういった場合も焦らなくて大丈夫です。

1歳まではあくまでも「食べる練習」なので、その子のペースに合わせてゆっくり進めていけばいいのです。食べることは楽しい!ということを知ってもらいたいので、無理強いするのはやめましょう。そして、1歳を過ぎてもなかなか食べない子もいます。

我が子もそうで、市の保健師さんによく相談しましたが、あまりに風邪をひき過ぎるなどの、健康への影響が出ていなければ過剰な心配は要らないそうです。ずっと食事が摂れないということはないので、その子のペースに任せながら楽しくいろいろな味を教えていってあげましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの体重が増え過ぎてしまったら何か健康への影響がないのか心配になりますよね。でも心配しなくても大丈夫の場合が殆どでした。授乳中に食べた食事内容は母乳の質の変化はあれど、赤ちゃんの体重に影響はありません。

また母乳を飲み過ぎてしまっても、そちらも心配ありませんでした。その子なりのペースに任せながら、ゆったりと成長を見守ってあげるのが、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても1番です!楽しい食事の時間となるようにしていきましょう。



スポンサードリンク