『食育基本法』により、食育が大事にされるようになりましたね。農林水産省のホームページにある「子どもの食育」では、日本各地の郷土料理が紹介されています。「食文化学習ツール」を用いて、郷土料理の魅力を伝えてみましょう。



スポンサードリンク


 

『食育基本法』

『食育基本法』

農林水産省で制定された『食育基本法』で、食文化の継承について、おさえておきたいのはこちらです。

『第二十四条 国及び地方公共団体は、伝統的な行事や作法と結びついた食文化、地域の特色ある食文化等我が国の伝統のある優れた食文化の継承を推進するため、これらに関する啓発及び知識の普及その他の必要な施策を講ずるものとする。』

なるほど、伝統的な行事や、地域の食文化について伝えたいのですね。お正月、節分、ひな祭り、端午の節句などの伝統的行事では、その時々で特別な料理がありますよね。
お正月は、おせち料理とお雑煮ですが、お正月はゆっくり過ごそうという昔の人の知恵と工夫がつまっています。

また、一口にお雑煮と言っても、中身や味つけが地域によって違いますね。その土地の特色を生かした、食材が用いられています。そんな和食の魅力、どうやって伝えたいですか。

農林水産省では、『あなたが伝えたい「和食」の魅力出前授業』と題して、中高生を対象とした、和食の魅力を伝えるモデル授業が行われました。その様子はホームページで見ることができます。



スポンサードリンク


 

食文化学習ツール「私たちの食文化ってどんなもの?」

食文化学習ツール「私たちの食文化ってどんなもの?」

そしてもう一つ、和食の魅力を伝える学習ツールがあります。和食は、ユネスコの無形文化遺産に登録されましたね。ヘルシーなことから生活習慣病予防に、そして健康長寿の食事として、海外でも人気です。玄米ご飯、味噌汁、発酵食品が、放射能のデトックスになると注目されています。

日本食文化は、素晴らしい!それに気づき、継承したいという気持ちが育まれてほしいという願いから作成されました。いろいろなシーンでの食事をワークシートに書き込んでいくことで、日本食文化について考えられるようになっています。

 

郷土料理とは?

郷土料理とは?

地域の特産物を用いた、その土地ならではの食べ物です。それを知ることは、歴史や食文化の理解にもつながりますね。農林水産省のホームページでは、そんな郷土料理の魅力が満載です。

 

まとめ

ぜひ一度、農林水産省のホームページを見てみてくださいね。食料自給率やフードマイレージ、地産地消も合わせて、郷土料理の魅力を伝えたいですね。郷土料理を知ることで、季節の楽しみ方や食文化にも触れることができます。



スポンサードリンク