近年、幼児の肥満率が増加傾向にあるとされています。その原因は、一体何なのかをまとめていくと共に、幼児の肥満を治すにはどのような食事をしていけばいいのかを、これから紹介していきます。手軽に出来る肥満を治すレシピについても触れていくので、是非参考にしてみてください。



スポンサードリンク


 

幼児の肥満が増えている?!

幼児の肥満が増えている?!

活発に走り回ることの出来る幼児と肥満は、余り関係のないことのように思えますが、近年では肥満傾向にある幼児が増えてきているようなのです。文部科学省による学校保健統計調査によると、ここ30年の間で肥満傾向のこどもは2~3倍に増えていて、9~17歳の男の子では、10人に1人は肥満という結果が出ているそうです。

男の子だけに限られたことではなく、女の子も「肥満」「太り気味」と診断される子が増えてきているといいます。こうした背景には、食習慣の変化が挙げられます。子どもが肥満になる殆どの要因は、摂取エネルギーが活動エネルギーよりも上回っているところにあります。

食の欧米化により、ファーストフードやスナック菓子など油っこいものを子どもも食べるようになったり、ジュースやお菓子などの甘いものを摂り過ぎていることも、肥満を引き起こす理由の1つといえます。また半数を超える子どもが、22時以降に就寝しているというデータがあるほど、子どもの夜型の生活が進んできています。

生活習慣が乱れると、食のバランスも乱れがちで肥満傾向を持つ子どもが増えるといわれています。他にも外遊びを余りせず、ゲーム機などの室内遊びに興じる子どもが増えてきていることも活動エネルギー低下の理由となり、肥満児の割合を増やす要因となっています。

 

幼児の肥満を治す食事とは

幼児の肥満を治す食事とは

子どもの肥満を治すには、食生活を見直すことが1番の近道となります。前の項目で書いたように、肥満の原因は摂取エネルギーが上回っているところにあります。だからといって、忙しいしダイエットも兼ねてと朝食を抜いてしまうのは絶対にNGです。むしろ朝食を摂らない生活の方が太りやすいとされています。



スポンサードリンク


それは、朝食を抜いてしまったことにより身体の中が飢餓状態となり、次に摂った食事を貯蔵エネルギーとして蓄えてしまうからです。幼児の肥満を治すには、とにかくバランスの良い食事を3食きちんと摂ることです。脂肪分も少ないので、あっさり味の和食が適しているといえます。

食生活が見直せたら消費エネルギーをあげる為に、運動をさせるようにしましょう。近い距離なら車を使わず歩いていくようにするなど、手軽に出来ることから始めていくのがオススメです。

 

家庭でも出来る!肥満を治す簡単レシピ

家庭でも出来る!肥満を治す簡単レシピ

肥満を治すには、低エネルギーで栄養バランスに優れた食事が大切です。脂質は大豆や魚など良質なものを選択するようにし、調理法も揚げるよりは焼く、蒸すと工夫をしていくようにします。野菜もたくさん食べるよう意識してビタミンやミネラル、食物繊維もしっかり摂取しましょう。

https://health.goo.ne.jp/recipe/foodcaredetail/11/0366.html

ヘルシーな食材として、ダイエット食にもよく利用される豆腐を使ったレシピがgooヘルスケアに掲載されています。豆腐ステーキは、想像以上に食べごたえがあり、充分メイン料理として頂くことが出来るボリューム感です。

また、野菜あんかけをかけているので野菜の栄養も一緒に摂れるところが嬉しいです。他にも、おやつにおからを使用した蒸しパンを作ってみるなど、いつも使用している食材をヘルシー食材に置き換えて調理してみるだけで意外とカロリーを抑えることが出来ます。

 

まとめ

食生活や生活習慣の変化により、肥満傾向にある幼児が増えてきていることが、文部科学省の調査などから分かりました。子どもが肥満傾向に陥ってしまう原因の多くは食生活にあるので、改善されるよう保護者が努めていかなくてはなりません。

また、生活バランスの乱れが影響している可能性も大きいので、夕食の時間や就寝時間が遅くなっていないか見直して、朝ごはんをしっかり食べられるような生活リズムへと正していくようにしましょう。紹介されているものを参考に楽しく適切な食事をしていきましょう。



スポンサードリンク