子供に食事マナーをどこまで教えればいいのか悩んでしまいますよね。何をどのように教えたらいいのか分からず、つい幼稚園の先生などに頼ってしまうなんてこともあるのではないでしょうか。今回は子供に教えるべき食事マナーと、子供向け食事マナー教室の情報をまとめていきます!



スポンサードリンク


 

子供の食事マナーってどうしてる?

子供の食事マナーってどうしてる?

子供に食事マナーはいつから教えているのでしょうか。子供に対する食事マナー事情について調べてみました。

子供は離乳食を始めた頃から「遊び食べ」をしがちですよね。せっかく用意した離乳食を手でぐちゃぐちゃにしてしまって、悲しくなったなんていう経験をした方も多いのではないでしょうか。

でも、この遊び食べは成長の上でとても大切なことなのだそうです。触感を確かめて物を覚えているところだったりするので、強く叱らないことがポイントです。

ただ、この頃から食事マナーのしつけも始まります。余り身構え過ぎず「食べ物で遊んじゃダメだよ」「食べれなくなっちゃうよ」などと声を掛け、一緒に食事を楽しめるようリードしていきましょう。

 

子供に教えるべき食事マナーって?

子供に教えるべき食事マナーって?

まず初めに覚えたい食事マナーは、一緒に食事をする人を気遣う姿勢です。例えば音を立てて食べないこともその1つです。



スポンサードリンク


食事の前はきちんと「いただきます」と言い、食事の後は「ごちそうさま」ということも、小さい頃から習慣づけていれば大人になっても忘れずに、挨拶をすることが出来る人になります。

また、子供特有の食事マナーは食べている時は歩き回らないなどがあります。子供は集中力が続かず、また何に対しても興味津々なので、興味を惹くものがあれば立ち上がってしまいがちです。

ですが、きちんと座って食事をするということを赤ちゃんの頃から習慣づけるようにしていけば、これも自然と身についていきます。

 

子供向け食事マナー教室とは?

子供向け食事マナー教室とは?

最近ではそんな不安を解消できる子供食事マナー教室や、親子テーブルマナー教室などが開催されています。その1つの資生堂パーラーは、食事のマナーは堅苦しく考える必要はなく、大切なポイントは2つだと言います。

その2つのポイントとは「周りの人に迷惑をかけないこと」と「楽しく食事をすること」です。これなら確かに身構えることなく取り入れることが出来そうです。

他にも新宿の京王プラザホテルでも、ファミリーテーブルマナープランを2003年から行っています。こちらは懐石料理を食べながら日本食ならではの、食事マナーを身に着けることが出来る内容となっています。

様々な子供向け食事マナー教室が開催されているので、気になる内容をチェックしてみるのがおススメです。

 

まとめ

子供に教えるべき食事マナーは難しく考えることなく、まずは楽しく食事をすることが大切だと分かりました。そしていかに食事をする楽しさを共にテーブルを囲む人と共有できるかです。そのことを意識すればどのように振る舞えばいいかが、自然と身についていくと言います。

またホテルなどでも子供向け食事マナー教室や、親子テーブルマナー教室が開催されているので、興味のある方は参加してみてください。



スポンサードリンク